読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧ISBNコード(ISBN-10)のチェックディジットを計算する

またしても Wikipedia の ISBN ページを参考に実装。

ISBN - Wikipedia

2006年いっぱいで廃止のハズの規格だが、
天下のアマゾンが今だ使い続けるもんだから…
置いといたら少しは需要とか有るかしら?

書く言う自分も少し前、
ちょっとしたアマゾン用ツールを作った際、
必要に迫られて組んだって感じなんで。


ISBN-10チェックディジット計算.vbs

Option Explicit

Dim input

input = InputBox("ISBN9~10桁を入力してください", "ISBN-10チェックディジット計算")
If input = "" Then WScript.Quit
WScript.Echo "ISBN: " & input & vbCrLf & "チェックディジット: " & CalcCheckDigit11_10_2(input)


'指定した数字9桁か10桁、または10桁目が「X」の文字列に対するチェックディジットを返す
'(モジュラス11 ウェイト10-2)。
'指定した文字列に誤りがあった場合は空文字を返す
Function CalcCheckDigit11_10_2(isbn9_10)
    '指定した文字列が数字9桁か10桁、10桁目が「X」の文字列であるか確認
    Dim RE
    Set RE = CreateObject("VBScript.RegExp")
    RE.Pattern = "^([0-9]{9}|[0-9]{9}[0-9xX]{1})$"
    RE.Global = True
    
    '指定した文字列に誤りがあった場合は空文字を返す
    If Not RE.Test(isbn9_10) Then
        CalcCheckDigit11_10_2 = ""
        Set RE = Nothing
        Exit Function
    End If
    Set RE = Nothing
    
    '旧規格のISBN(ISBN-10)のチェックディジット計算(Wikipedia参照)
    
    Const MODULUS = 11
    Const WAIT = 10
    
    Dim temp
    Dim sum
    Dim remainder
    Dim ret
    
    Dim index
    
    'チェックディジットを除いた左側の桁から10、9、8…2を掛けてそれらの和を取る。
    sum = 0
    For index = 0 To 8
         temp = (CInt(Mid(isbn9_10, index + 1, 1)) * (WAIT - index))
         sum = sum + temp
    Next
    
    '和を11で割って出た余りを11から引く
    remainder = sum Mod MODULUS
    ret = MODULUS - remainder
    
    'なお、計算結果が10になった場合、10の代わりにX(アルファベットの大文字)を用いる。
    If ret = WAIT Then
        CalcCheckDigit11_10_2 = "X"
        
        'また、11になった場合は、0となる。
    ElseIf ret = MODULUS Then
        CalcCheckDigit11_10_2 = "0"
        
        'それ以外になった場合は、チェックディジットは計算結果の値となる
    Else
        CalcCheckDigit11_10_2 = CStr(ret)
        
    End If
End Function