読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業週報。2013年第09週。


・[プログラム][ExcelVBA]「コンソールログビューア ver0.13」進捗


的確だった Google 先生の回答も徐々にレスポンスが悪くなってきております。
誰もやってないか直面してないのか、そもそも実現不可能なのかと。


 ・ListBox 内項目を全て選択する

	Dim count As Long
	
	With ListBox1
		For count = 0 To .ListCount - 1
			If Not .Selected(count) Then
				.Selected(count) = True
			End If
		Next count
	End With


  一般的な記述ですが、1万行越えのデータでやると15 〜 30 秒くらい待たされます
  (2000 年代中盤頃のスペック)。

	ListBox1.SetFocus
	SendKeys "{HOME}+({END})"


  この場合キーストロークを ListBox コントロールに対して行うことで
  一瞬にして決着が付きます(HOME で行頭に移動→ Shit+END で行末までを選択と同じ)。


 ・ListBox 内項目をクリップボードにコピーする


標準モジュール

'クリップボード操作用
Public Declare Function OpenClipboard Lib "user32" (ByVal hwnd As Long) As Long
Public Declare Function CloseClipboard Lib "user32" () As Long
Public Declare Function EmptyClipboard Lib "user32" () As Long


UserForm1

	'クリップボード書出用
	Dim CB As New DataObject
	
	'ListBox 内項目取込用
	Dim listData As String
	
	'ListBox 内最終行数設定用
	Dim countMax As Long
	
	'ListBox 内項目の現在行用
	Dim countNow As Long
	
	'クリップボードを初期化
	Call OpenClipboard(0&)
	Call EmptyClipboard
	Call CloseClipboard
	
	With ListBox1
		
		'現在行から ListBox 最終行まで見て、リスト選択行のみを、項目タブ区切りで取込む
		For countNow = 0 To CountMax
			If .Selected(countNow) Then
				listData = listData & .List(countNow, 0) & vbTab
				listData = listData & .List(countNow, 1) & vbTab
				listData = listData & .List(countNow, 2) & vbCrLf
			End If
		Next countNow
		
	End With
	
	'生成された取込データをクリップボード用オブジェクトに書出する
	CB.SetText listData
	
	'生成の完了したデータをクリップボードにコピーする
	CB.PutInClipboard


  これも駄目だった例です。
  String 型の文字数上限が 20 憶文字なので、一見すれば万行でも対応出来そうですが、
  追記の度に中身を保持しつつリサイズが掛かっていては幾らメモリを多く積んでても結構な処理待ちが発生しますし、
  メモリリソースの乏しい環境ではフォームから応答が途絶えるかも知れません。


UserForm1

	'クリップボード書出用
	Dim CB As New DataObject
	
	'ListBox 内項目取込用
	Dim listData As String
	
	'ListBox 内項目行数設定用
	Dim countMax As Long
	
	'1度の ListBox 内項目取込の行数上限を設定する
	Const COUNT_CYCLE As Long = 1000
	
	'1回の取込上限に合わせて、現在行・現在取込範囲を保持する為の変数
	Dim countNow As Long
	Dim countStart As Long
	Dim countEnd As Long
	
	'クリップボードを初期化
	Call OpenClipboard(0&)
	Call EmptyClipboard
	Call CloseClipboard
	
	With ListBox1
		
		'ListBox の読取範囲と読取開始行を設定する
		countNow = 0
		countMax = .ListCount - 1
		
		'クリップボード用オブジェクトを初期化する
		CB.SetText ""
		
		'現在行が読取範囲を超えるまで処理を続ける
		Do While countNow <= countMax
			
			'ListBox 内項目読取用変数をクリアする
			listData = ""
			
			'現在行(前回未処理行)をこれから処理する範囲の開始行とする
			countStart = countNow
			
			'次の最終行を、現在行+行数上限に設定する
			countEnd = countStart + COUNT_CYCLE - 1
			
			'但し、最終行が読取範囲を超える場合、読取範囲を最終行に設定する
			If countEnd > countMax Then
				countEnd = countMax
			End If
			
			'現在行から最終行まで見て、リスト選択行のみを、項目タブ区切りで取込む
			For countNow = countStart To CountEnd
				If .Selected(countNow) Then
					listData = listData & .List(countNow, 0) & vbTab
					listData = listData & .List(countNow, 1) & vbTab
					listData = listData & .List(countNow, 2) & vbCrLf
				End If
			Next countNow
			
			'生成された取込データをクリップボード用オブジェクトに追記する
			CB.SetText CB.GetText & listData
			
		Loop
		
		'生成の完了したデータをクリップボードにコピーする
		CB.PutInClipboard
		
	End With


  これでも低スペック環境じゃマズイでしょうけど。
  現環境で言えば 1000 行程度なら 0.3 秒程度で応答有りだったので小分けで取得というアプローチで対処しました。
  1 万 6 千行ちょっとで 4 〜 5 秒掛かっちゃいますけど。


少し前から速度アップに工夫を強いられ続けてるんですが、流石に辟易してきた感は否めません(苦笑)。


その他の実装等。
 ・スプラッシュスクリーン画像をスプラッシュスクリーン・バージョン情報ダイアログフォームに組み込み。
 ・アイコンリソースを修正・変更。


・[プログラム][C言語][NDS]「ブロック崩し」進捗01
 最終的にゲームエンジンとして再利用可能な代物を想定してて、その辺りの構造を構想したり。
 そんな先のことは後でいいって?